県知事杯ベスト8・敢闘賞

「第43回大分県スポーツ少年団(知事杯・大分合同新聞社旗争奪)サッカー交流大会」へ参加しました。

初日は、豪雨の中、田尻小学校での予選リーグでした。
ぬかるんだグラウンドに苦戦し、水たまりで何度もボールが止まり(ゴールかと思ったら、、)ドロドロになりながらですが、なんとか予選リーグを突破し、日曜日の決勝トーメントに進出することができました。

二日目は、初日ほど酷くはなかったですがやはり雨。
ただし決勝トーンナメントは天然芝のため、ボールが止まることもなく、自分たちが練習してきたことが少しはできたかなと思います。

1回戦、2回戦をなんとか突破し、ベスト4進出がかかった準々決勝。
勝てば3日目へ進出できるのですが、力及ばず「ベスト8」で大会を終えました。

ところが、大会本部より「敢闘賞」を受賞したと連絡があり、3日目は6年生全員で「決勝戦観戦&表彰式」へ参加してきました。

ベスト4進出、そしてその先の「九州大会出場」は実現できませんでしたが、この大会で得たものはとても大きかったのではないかなと思います。
6年生は、小さい頃から頑張ってきた小学生サッカーもあと少し。
楽しみながらも成長し、たくさんの思い出を作って欲しいなと思っています。

次の記事

2019年蹴り納め