先週の土日(13日・14日)に玖珠総合グラウンドにて「第49回大分県少年サッカー大会兼九州少年サッカー大分県大会 日田地区予選」通称「フジパンカップ日田予選」が開催されました。

日田玖珠地区のジュニア10チームを2グループ(各5チーム)に分け、それぞれでリーグ戦を行います。
日田玖珠地区からは3チームが県大会に出場できるため、各グループ1位は無条件で県大会出場、各グループ2位になると決定戦を行い第3代表を決めます。

玖珠SSSは予選を3勝1敗で2位で通過し、天瀬JSCとの第3代表決定に臨みました、

結果は、2−2のまま延長でも決着がつかず、PK戦に突入し、2−3にて惜敗しました。

県大会には行けませんが、6年生最後の公式戦となるこの大会で、最後の相手は1年間切磋琢磨してきた天瀬JSCで、延長そしてPK戦まで全力を尽くして戦いきって、指導者も保護者も心から熱くなる素晴らしい戦いぶりを見ることができました。

6年生にはこの大会で得たこと、悔しさ、そして本気で戦うことの素晴らしさを次のステージ(中学高校)で活かして欲しいと思います!

 

公式戦のため、本部にてメンバーチェックを受けます。

2日間、とても寒かったですが熱い試合ができました。

試合の合間には、チームテントで動きやセオリーの確認を。

チームの下級生も応援にきてくれました。

第3代表決定戦は、日頃から交流の深い天瀬JSCと!

延長でも決着つかずPK戦へ!

試合後は応援してくれた方々へ挨拶を。

県大会を目指したフジパン大会、6年生最後の公式戦が終わりました。