今日は総合グラウンドが借りられなかったため、久々に塚脇小学校で練習でした。

普段、人工芝という恵まれた環境でサッカーをしているため、土のグラウンドでは勝手が違い、とても良い練習になります。

ボールの弾み方も、転がり方も、蹴る時の足の入り方も、踏ん張りも、人工芝と土のグラウンドではかなり違います。

今日は久々の利用ということで、まずは「石拾い」をみんなでしました。

 

そして練習をしたり、試合をしたり、あっという間に時間が過ぎました。

大会でいろいろなグラウンドを訪れますが「芝」はまだまだ少なく、ほとんどが「土」のグラウンドです。

時には土のグラウンドで練習することも、とても大事だなと再確認しました。